The worldって仮想通貨売買だったのか・・・

こんにちは
ハピリタのジーコです。

読者さんからThe worldって仮想通貨の口座を開設させられますってコメントをいただきまして、で試しに入会してみました。
初月は無料ですからね。

で、入ってみたら早速バックエンドが来ましたよ。
無料でプレミアム会員に変更できるってことみたい。

ま、解約するつもりなんでアップグレードはせずそのまま画面を閉じました。

でそこからメールが飛んできて会員用のlineに登録、そして色々読み進めていくとカラクリがわかりましたよ。

これって分配じゃないよねw

まず指定の仮想通貨取引所の口座を開設
その後そこにお金を振り込む。

最初はここまでしかわからなかったんで、仮想通貨を購入して送金して終わりかよ!なんてドス黒い気持ちになったわけですが取引所開設のボタンを押したら数多色々でできてアービトラージなる言葉が見えました。

アービトラージって少し好きって事で気を取り直して読んでみたら、ざっくりいうと仮想通貨間の価格差を利用して儲けるみたいな感じです。

うん、これなら分配って言葉よりも納得。
要は仮想通貨売買って事なんで株とかFXみたいなものですね。
預けた資産の33.3%を運用していく感じです。

で、気になったのが損失が出たらどうすんの?って事。
利益だけ出るってそんなうまい話はないですからね。
説明には一言だけ利益を保証するものではないって書かれてありました。

予想外に損失が出たら預託金がある限り再投資し続けるみたいなんですけど相場の予想外の急変動が起きて損失を賄いきれなかったらどうするんでしょうね。
信用取引だと預託金以上に損失が発生して激しい取り立てにあうって話はよく聞きますからね。

外国での運用だと思うけどどうなってるんですかね。
ま、海外の証券口座を参考にすればいいのかな。

でもさ、仮想通貨を取引するなら海外の証券会社がやってる仮想通貨ETFだったかをやればいい話じゃないかな。

自動売買で運用するったってその自毛売買のロジックとか取引注文のシステムの質とかめちゃ大事じゃないですか。

その辺の説明は多分これからなのかもしれませんが投資してしまう人ってちょっとリスクとか考えた方がいいですよ。

なんか難しいから任せるとかそんなスタンスはお尻の毛までむしられますからね。

ま、それもありといえばありなんだろうけどさ。

ちなみにアービトラージってのはちゃんとした考え方なんで悪くないです。どうやってアービトラージ寒かってのが難しいんですけどね。
為替ではよくある話なんでこれは詐欺でもなんでもないです。
ロジックがしっかりしてたら仮想通貨嫌いの私でも投資してみるか!ってなるかもしれません。

まだコンテンツを全部見てないんで取り急ぎの感想となります。

あ、アービトラージのことかる〜く説明しときますね。
アービトラージっていうのは裁定価格取引のことを言います。同じ商品があったとして価格に差異があった場合、割高を売り、割安を買うことで利益を得ることができます。
例えば国内の日経225先物とアメリカ市場の日経先物との間に価格差があった場合は高い方の先物を売って安い方の先物を買えばいいわけです。
金融関連の言葉ですが実はせどりも裁定取引と言えますよね。

安い店舗で買って高いアマゾンで売る。
安いアマゾンで買ってヤフショで売る。

なんで価格差が生じるかというと色々理由はありますが情報の非対称性、そして人が思ったより合理的でないというのが大きな理由です。
情報の非対称性っていうのは簡単に言うと情報弱者と情報強者がいるってことね。
あとは情報を発信する店側と買い手の消費者の間に埋めがたい情報格差があるせいです。

例えばある店がセールを開催したとします。
その商品が十分に安いと知っているせどらーも含めて消費者は購入します。
でもそもそもその情報を知らないとか知っていても安いとはわからない人は購入を見送りますよねを

店舗せどりでお宝商品をスルーしているあなた・・・あ、私もそうですけどねw

合理的でないと言うのは例えば型落ち品を高い値段で購入するとか、同じ商品なのに値段が高い方から購入してしまうとか、・・・てますかね。

The worldですが儲かるかどうかはやってみないとわからないってのが正直なところ。

でも言えるのはずっと稼ぎ続けるのは難しいです。
株とかFXで今までどれほどの数のツールが世に放たれてきたか。
最初は稼げても離れるタイミングがわかりませんし、最後は弾けて無くなるってのがツール売買の印象。

他人任せの投資をやっているとツールが無くなった時どうします。多分レベルは変わってないですよね。
またツール買いますか?

お金を出すなら教育に投資しましょう。、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です