なにこれ怖い!怖すぎるんですけど・・・って震えた話

おはようございます。
朝も暗いうちから家を出て・・と思いきやだんだんと夜明け時間が早くなってきましたよ。
6時の東の空はこんな感じになってます。

ささやかなことだけど季節の移り変わりを感じますね。
春はすぐそこまでやってきていますよ。
あ、今週末は極寒らしいです・・・

さて今朝何気なくメルマガを読んでいたらめちゃ怖いニュースが・・・

美容室専売のシャンプーをヤフオクで転売してた美容室店長が逮捕されたとのこと。

容疑は

「医薬品医療機器法違反」

なにそれ・・・

あ、薬器法か・・・

医薬品医療機器法って見た感じ薬品とか医療機器に関する法律かと思いますけどサプリとか美容関係の商品もこれに含まれます。

わかりやすい例でいうと例えば

痩せる!

毛が生える!

とかそんな表示を 大した根拠もないのに表示して販売しちゃダメですよって法律
効能の表示は医薬品にしか認められておらず医薬品でない食品その他には効能を表示してはいけない
で、前述の美容室店長が捕まったのがどうやら製造番号を削って販売したからみたいな話

多分製造番号じゃなくてシリアルナンバーが付されていてそれを削ったんだと思うんですけどね。
このシャンプーのメーカーはミルボンといってかなりお高いシャンプーみたいなんですけどメーカーは転売に頭を悩ませていたとのこと。
美容室にしか卸してないのにネットで・・・ってことで警察に相談していたのだそうな。
で、医薬品医療機器法を適用して逮捕に至ったとのこと。

ヤフオクではパッケージにが削り傷ありとして販売されていたようで私の感覚からしたら真っ当な販売者に思えるんですけど・・え?アカンの?って感じ。

シリアルナンバー削って販売したら医薬品医療機器法違反ってうーん。

も一回法律読み直しやな・・・

で、これに関して気をつけないといけないのはメルカリとかヤフオク仕入れね。
この商品だけじゃなくてヘルビ全体に言えることなんだけどシリアルコード削っているものを販売してると捕まるって話。

ヘルビの商品ってサロン専売品っていうのが多くて、メーカーが偽物防止のためにシリアルナンバーを付していたりするんですよね。

そのシリアルナンバーを追跡したら販路がわかるって話でして、サロン以外で販売したりすると怒られたり、最悪損害賠償請求されたりするんですよ。

サロン専売品を購入するときに念書とか契約書の取り交わしをすることが多いんで。

だから美容室店長がシリアルナンバー削って販売したのはメーカーにバレないようにするためなんですね。

で、このシリアルナンバーを削るのがなにがダメかというと不正表示化粧品の販売ってことでアウトみたいなんです。

販売する際はパッケージをそのまま売らないとダメってことですね。

気になる罰則ですがこんな感じ。

『2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金、またはこの両方』

で、医薬品医療機器法のことについて調べようとしたら検索順位トップに厚生労働省のページがありましたw

医薬品医療機器等法違反の疑いがあるインターネットサイトの情報をお寄せください

だって。
ヤフオク、メルカリなどのフリマサイトから仕入れるときは気をつけないといけませんし、メーカー仕入れで自分がやっちゃうこともあるかもしれませんがやめときましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です